新着情報

速報!!★実力テストの結果報告★

本日、椿中学校のテスト結果(順位)が返却された模様です。合計点数は、テスト返却時にわかっていましたが、学年全体での順位が本日でたので、当塾生の結果等も踏まえて、少し小言を言わせていただきます。

率直に言うと、今回の椿中3年生の全体的な結果は、とても悲惨な状況です。
当塾の生徒に話を聞いたところ、

「合計点数300点くらいで、学年順位が50番くらい」

と言うのです。これは、恐怖でしかありません。平均60点しかとれていない生徒でも、学年で50番?!中3生の学力の低さが浮き彫りになった状態です。
受験生がいらっしゃるご家庭の保護者様、万が一にも「こどもの成績が上がったわ」「よく勉強頑張ったのね」なんて思わないでくださいね。
今、別の塾に通塾されている保護者様、塾から「成績上がりましたよ。」なんて言われて浮かれないでくださいね。

中1・2年生の範囲の試験で60点しか取れないと言うことは、当然当日の高校入試では60点平均よりも低い点数になってしまいますよね。中3の学習内容も含まれるわけですから、内容も難しくなりますので。そうなると、当日の高校入試では平均60点以下しか取れないと言うことになります。そうなると、松山北高は絶対に無理ですし、中央高校もまず厳しいと思います。この状況でも、お子さまの成績が上がった、点数が上がった、順位が上がったと安心して喜べますか?

今回の試験結果を踏まえて、①危機感を持って復習予習を頑張る子、➁調子にのって安心して何もしない子の二通りに分かれてきます。さて、お子さまは、保護者様はどちらのパターンを選びますか?

水田塾の現状では、学年トップ・学年26位・学年18位・学年10位などの成績の生徒が在籍しています。

ただ、テスト返却後の個人面談で全員に共通して私が伝えたことは、
「勝負は椿中の中じゃない、愛媛県下の中学3年生であること。そのことを常に意識して、学校の状況に左右されないように」と言うことです。

自分の志望校に合格するために今は頑張っているはずです。(本来の受験勉強の目的はそれだけではないので、生徒たちには他にもいろいろなことを話しているのですが・・・)自分の学校の中でいい成績を出せば受験に合格できるというものではありません。愛媛県下の受験生の中で、必要な成績をとらなければ、何の意味もないですし、自らの目的を達成することが出来ません。それでは意味がないはずです。

「勉強をやった」ではなく、「成績の上がる勉強をやった」でないと意味がないんです。そう、私の言う「エア勉強」では意味がないんですよ。
結果のでる、本当に自分に必要な、意味のある勉強をしましょう。
不明な点や、勉強の仕方など水田塾では指導しています。

「他人」と「過去」はかえられない!でも、「自分」と「未来」は変えられる!

24時間WEB予約