新着情報

★祝★ 合格発表速報!!(感動秘話編)

全ての入試が無事終了しました。みんな清々しい表情をしてくれています。
この表情を見る為に、今まで頑張ってきたと言っても過言ではないでしょう。本当によく頑張ってくれました。
ただ、まだまだ人生は続きます。ここで、安心してせっかく積み上げてきたものが崩れていくことのないように、今後も頑張り続けましょうね。少しだけ、遊んでもいいですよ(笑)


さて、今まで「合格」を目指して多くの問題量を解き、悩み、苦しみ、理解し、喜びを繰り返し頑張ってきた生徒たち!!
そんな生徒たちの「結果」とそれまでの想いや頑張り、苦しみなどの経過を少しでも多くの方に知っていただき、お子さまや自分自身の今後に役立てていただければと思います。水田塾での中学受験、高校入試、大学入試の現時点での結果と感動秘話を是非ご覧ください。

※また今後、生徒や保護者様の「リアルな感想」もアップしていくので、是非ご参考にしてください。

※今年度の水田塾の各入試に対しての目標達成率は100%です。
私は、合格率100%よりも、生徒が目指したこと、目標を達成できたこと、目標に向けて逃げずにがんばってきたことが何よりも喜ばしいです。「とりあえず高校に・大学に、行けるところに行ければいいです。」ではないと考えています。あくまで人生においては通過点でしかありません。その通過点ですら、目的意識なく選択してしまうと、その後の人生全てが目的無く進んでしまいます。すると、すぐに逃げてしまったり、努力をすることを嫌がってしまうのです。ですから、当塾では「目標達成率」と言う表記にさせてもらっています。

では、感動秘話をどうぞ。

 


愛大附属中学合格  椿小(小6女子)


この生徒は、本格的に受験勉強に取り組みだしたのは5年生の3学期の終わりです。ちょうど1年前の今くらいですね。最初は、少し学校の授業内容とは異なるタイプの問題を解くと、「めんどくさー、やっぱり辞めようかなぁ受験」なんてことばっかり言ってました。俗に、嫌な事や壁にぶつかるとすぐに逃げようとするタイプです。それでも、「親でも塾でも学校でもなく、自分で受験をすると決めたんだから、最後までやり通しなさい!」といつも言っていました。生徒もブツブツ文句は言いながらも、出された課題はしっかりとこなしてくれました。

やはり、「自分で決めたことをやり通す力」・「出された課題をきちんとやる素直さ」・「イヤな事から逃げない強さ」これらが受験合格の大きな決め手になったのではないでしょうか。中学受験はしんどいことも多々あります。

・周りの友達は遊びに行ってるのに自分は勉強しないといけない
・自分だけ非受験生より宿題がとても多い
・家でも親に「勉強しなさい」とかなり言われる

など、小学生にとってはとても大変でしょう。だから水田塾では「文句は言ってもいいから、やることをやろう!」をスローガンとして小学生には言っています。最後まで自分の決めたことから逃げずにやりきった力は、中学生になっても大いに役立ちます。
本当に、「受験合格」おめでとう!

またこの生徒は、今中学に向けた勉強を自分からしたいと言って、英語と数学を予習しています。感動です!!!

 


松山学院高校合格


この生徒は、実は小学校4年生からずっと学校に行けてなくて、中学1年生の冬に水田塾に入塾して勉強をしていた生徒です。入塾当初は特に意欲的に勉強をするわけでもなくとりあえず来て少し問題を解いては集中が切れて・・・の連続でした。それでも家から出て誰かと接すると言うことが保護者様からするとすごいことと喜んでくださり、そのまま勉強を続けていました。時には、ゲームの話がほとんどになる日もありましたが、次第に私の話をしっかり聞いてくれる体制が取れてきたのです。そして少しずつ学習時間も増え、「理解できるようになった喜び」「自分で問題が解ける喜び」を実感するようになり、自分から問題を解くようになっていきました。そこからはあっという間です。私も保護者様も驚くほど、自分からどんどん勉強するようになっていきました。水を得た魚のようでした。そしてあれよこれよと言っているうちに高校入試です。当初は、「行ける高校なんてない」と言われていた生徒です。それが、自分で高校を決め、「高校でこういったことをしたい、こうなりたい」と言ってきたのです。もう、感無量ですよね。そして最後の追い込みをかけ、「合格」の二文字を獲得しました!!

世間一般に進学率を自慢する学習塾にとっては、取るに足らない結果かもしれません。「受かって当たり前だろ」と言われるかもしれません。しかし私は決してそうは思いませんし、この喜ばしい結果に対して自信を持っています。
入塾当初の状況が180度変わって、こうして自分で建てた目標に対してしっかり努力し、しっかりと結果に結びつけることが出来たのですから。

今では、「ここまで応援してくれた親の為にも、もっと勉強したいです」とまで言って勉強してます。さらに大学のことまで私に聞いてくるんですよ。もう、涙が出てきます。

 


龍谷大学合格(後期試験)


本日、塾生の合格発表がありました。この生徒は、高校1年の1学期後半から学校に行けていなくて、そこからずっと勉強から遠ざかっていました。しかし、このままでは自分の人生どうにもならない、やはり大学には行きたいという想いから水田塾に入塾してくれました。まずは中学内容の確認からスタートし、高校の学習内容、進路相談、志望校の決定、受験科目の選定、自宅と塾での勉強カリキュラムの作成など、怒涛のような日々を一緒に頑張ってきました。途中、疲れ切って少し勉強が嫌になる時期もありましたし、学校に行ってないために他の学生がどのような状況なのかわからず不安になることもありましたが、私と一緒に頑張ってくれました。まず1月の前期試験、少し不安そうな発言をしてましたが、全力で挑んでくれました。しかし結果は不合格。本人もショックを受けているようでしたが、「まだ次があるので、中期に向けて英語やります」とすぐに切り替えて中期試験に向けて勉強に取り組んでくれました。これだけでも、私としては大きな成長を感じました。ちょっと涙目になったことを思い出します。そして、中期試験。試験直後は、自信に満ち溢れている表情だったので、これはいけたかなと思っていました。しかし結果はまたまた不合格。いよいよ本気で落ち込むかな!と思って、私もどうやって最後までやりきるように声をかけようか考えていたところ、「まだ後期もあるんで、最後まで頑張ります」なんて言ってくるんですよ。「何てたくましくなったんだ!!」と思いました。そして運命の後期試験。一番難しいとされている試験でしたが見事「合格」です。本当に最後まで頑張ってくれてよかった。合格したことも、もちろん嬉しいのですが、入塾当時から考えるとここまでたくましく、人としても一回りも二回りも大きく成長してくれたことが本当に嬉しくて、感無量というか、涙がこぼれるというか・・・・
「最高の結果・成長をありがとう」と本人に!「ここまで信じて応援していただいてありがとうございます」と保護者様に!


愛光や済美平成、松山東や松山南などの上位高に入学させることを目標とする学習塾もとても大切です。当然レベルの高い内容が問われてきますから、その対策は必要になるでしょう。ただそういった進学塾だけではダメだと私は考えています。
どんな高校であれ、その生徒がそうしたいといったこと、こうありたいと思っていることを実現させられる学習塾であることを目指しています。

「他人」と「過去」はかえられない!でも、「自分」と「未来」は変えられる!

24時間WEB予約